INFO

プロバスケットボールリーグで、驚きのハーフタイムショー

2018/03/09
184 views

アリーナ立川立飛にてプロバスケットボールリーグ(Bリーグ)アルバルク東京VS栃木ブレックスのハーフタイムショーに『ANDZ』が出演し、グラフィックポイと、メインパフォーマンスのジャンピングスティルトを使ったオリジナルのパフォーマンスで、観客3500人を盛り上げました。

グラフィックポイANDZ

ANDZ

グラフィックポイとは…
棒状の道具が鎖でつながれ、その中心点を軸に連続回転させる事により、個々のLEDが画像として空間上に浮かび上がっているように見せる事ができ、データを取り込むことで任意の文字や画像を高精細に表現することが出来ます。

東地区1位のアルバルク東京と、元NBAプレイヤー田臥勇太が所属する栃木ブレックスの試合ということもあり、チケット完売の会場は超満員の熱気に包まれていました。

Bリーグはバスケットボールの試合だけでなく、お客様がアリーナに来場してから帰るまで全てを楽しんで頂けるよう、専属チアリーダーのダンスやマスコットキャラクターのイベントなど、様々なアトラクションが用意されています。

白熱する試合が繰り広げられる中、いよいよANDZによるハーフタイムショーが始まり、会場はライトダウン。
グラフィックポイでバスケットボールや、アルバルク東京のチームロゴが出ると会場から盛大な歓声が上がり、照明がつきジャンピングスティルトで宙返りをすると、盛大な感性と共に会場のテンションは最高潮に。
アクロバットが成功すると、ブザーやDJの盛り上げるマイクパフォーマンスで、会場が一瞬で一体となります!

ジャンピングスティルトANDS

ANDZ

ジャンピングスティルトとは…
ジャンプをする目的で足に装着する西洋竹馬のこと。
その一種であるパワーライザーと呼ばれる膝の裏から装着する弓状の板バネを用いることで、3m近くのジャンプ力を生み出すことができます。このジャンプ力を用いた迫力満点のアクロバットショーを披露します。

ぜひ、ANDZと一緒に体験してみませんか?

ジャンピングスティルトパフォーマー派遣