INFO

想いを叶えるBASHICO BALLOON

2018/02/08
260 views

はじめて風船を見たのはいつですか?
はじめて風船に触れたのはいつですか?

一体いつから知ってるのかわからない程、幼い頃から触れ合う身近な存在。
日本では、江戸時代末期から愛され続けています。

色とりどりのまあるいゴム風船

Photo:Gaelle Marcel

もともと、私の風船のイメージは・・・

シッピングモールやイベントブースで配られる色とりどりの丸いゴム風船。
縁日で売ってる水が入ったボンボンやビーチボール素材の動物たち。
『お手軽な子供の可愛いおもちゃ』というイメージでした。

ある一軒のバルーン専門店に出会い、色・素材・形、がとにかく豊富な事を知り、風船のイメージはガラリと変わり、『子供のもの』という先入観が消えました。
バルーンは人を喜ばせ笑顔にする!
驚かせることもできる。

『バルーンをもっと知りたい!覚えたい!学びたい!作れるようになりたい!』
そう思うようになりました。

新しいバルーン

Photo:Micheile Henderson

そしてバルーンについて、皆さんに知ってほしい事…

それは『風船は優しい』ということ。

例えば・・・
バルーンリリース(※1空に飛んでいくバルーン)
素材は環境に優しいラテックスバルーン(天然ゴム素材=ラテックス)
ゴムの木の樹液から作られています。

よく質問されることは・・・

Q:空に飛んだバルーンがどこに行くの??

A:空高く上がっていくと強い紫外線により、急速に劣化。

高度:8000メートル
気温:-40℃
気圧:地上の約3/1

破裂

生分解
※紫外線・外気・雨水とバクテリアによって分解が促進される。

バルーンリリース

Photo:Fernanda Latronico

誰の手から放っても風に乗ってフワフワと空高く飛んでいく、バルーンリリース。

祝福と幸せを空高く届けたり、今は亡き大切な人の好きなお花の種を付けて空へ飛ばす。
バルーンはたくさんの想いを乗せて空高く飛んでいく。
飛ばした人がいれば→それを見かけた人がいて→そこにサプライズが生まれる。
みんなが上を向いた笑顔になる!

『想いを叶えるお手伝いをしていきたい』

※1バルーンリリースに関しては、自然保護の条件上各自治体・各地域により異なる為、実行には承認が必要となります。

BASHICO BALLOON
decorator:Bashico(本名:小林理恵)

バルーン小林理恵

バルーンパフォーマー派遣