INFO

コミュニケーション・ツール!?面白い組体操!

2018/05/10
194 views

“組体操”と言ったら何を思い浮かべますか?
“扇”や“サボテン”と呼ばれる技のある、体育の授業で行うものを思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか。
勿論それは正しいですよ。
誰もがやったことがあるようなアレですね!

自分も組体操の経験があります。
体育の授業でやった記憶はほとんどなく‥
昨日やった記憶なら鮮明なんですけど。。

昨日?
そう、大人になった今でも組体操をやっています!

私はアクロバット・パフォーマーとしての経験の中でそれに出会いました。
むしろ再会とでも言うのでしょうか。
そして、そのタイミングで徐々に魅力に取り憑かれていったのです。

今回は、その魅力の一部を紹介したいと思います。

組体操パフォーマンスultra

その1
道具を必要とせずたいして場も選ばずにできる。

相手を必要とするものなので体1つとは言えません(少なくとも体が2つ必要)が、必ず器具を使わなければならない器械体操を経験していた私にとってはそこが魅力に感じられました。

 

その2
筋力やバランス能力、柔軟性の維持・増強といったようにトレーニングやストレッチとしての効果も持つ。

筋トレや柔軟、ランニングより楽しく運動できるように感じます。

 

その3
アクロ・デュオやパートナー・バランスといった名前で海外にも同じ類いのものがありパフォーマンスとしての可能性。

サーカスなどにも組体操の進化系みたいな感じで凄い人達がいます。
お仕事として舞台に立つ事もあります。

 

その4
気分転換や余暇活動としても悪くない。

他のスポーツを趣味として行うのと同じ感覚かも知れません。

 

その5
相手と仲良くなるコミュニケーション・ツールになり得る?!

会話や触れ合い、笑顔が生まれるのを目の当たりにし、私は良きパートナーに出会いました。

このように組体操には多くの側面があります。
一部を紹介と言いつつサラッと5つも出て来てしまいましたね。
私“組”が好きなようです。

いやーっやっぱり組体操は面白い!
あなたも身近な人と初めてみませんか?

アクロバットパフォーマー派遣